症例について

発達障害について


発達障害とは先天的に脳の機能の発達のバランスに乱れが生じていたり、生活する環境や関わり合いを持つ人々とのミスマッチによって、社会生活を営む上で支障をきたす障害が生じる事です。

人間は個々により得意不得意に差異があるものの、発達障害とは得意不得意に関して差がとても激しかったり、広く一般的な考え方とは異なった物事の捉え方や考え方をするという様子がよく見られます。

発達障害障害とは

広く一般的な捉え方や考え方とは異なる事で対人関係が円滑に構築できなかったり、仕事や勉強について理解を深めたり効率的かつ効果的な進め方ができなくなります。

こうした発達障害とは日本においては平成16年からWHOの基準に則って法律によって定義が定められており、定義の中では通常学級にて勉学に励んでいる児童や生徒において、7%の割合で発達障害の特徴が見られると示されています。

発達障害の分類

また、定義の中では発達障害とは広汎性発達障害と注意欠陥多動性障害、学習障害と知的障害の4つに分類されるとしています。

広汎性発達障害

広汎性発達障害は社会性や対人関係について障害があり、目にしたり触れる物事に大変強い拘りを持つという特性があります。

物事に拘りを持つという事も相まって、感覚が非常に過敏である事例も多いのですが、過敏に反応した後に速やかに対応したり思考を巡らせるといった事は苦手です。

注意欠陥多動性障害

注意欠陥多動性障害は現在ADHDという名称で用いられる事が多く、集中できず落ち着いて着座し続ける事が難しいです。

学習障害

そして、学習障害は注意欠陥多動性障害とは異なり着座し続け学習に励む事は可能であるものの、学んだ事の理解ができなかったり特定の分野が著しく難しく感じる方が多いです。

知的障害

知的障害は知的能力の遅れにより認知機能や学習機能、コミュニケーション機能が難しく適応能力と知的能力を元にして軽度や中度、重度や最重度という4段階があります。

発達障害とは法整備も進んでいる事もあり、各地域で手厚いサポートが受けやすくなっているので、気になる事があれば支援センターなどに訪れると良いでしょう。

発達障害については私たちにご相談下さい


大阪府貝塚市の児童発達支援・放課後等デイサービスベストでは、子どもたちの居心地の良い場所として、笑顔で充実した時間を過ごせるように目標をもってさまざまな活動や体験を行っています。

ベストを巣立つ日をイメージして未来が描けるように日常生活を支援していきます。皆様との出会いをスタッフ一同、心よりお待ちしております。

施設写真
  • 児童発達支援・放課後等デイサービスベスト
  • 〒597-0004
    大阪府貝塚市西町11-17池尻ビル1階

  • 営業日:平日 11:30~17:30/学校休日 9:30~16:30
    定休日:日曜・お盆・年末年始

  • 番号:072-468-8422
    受付時間:営業時間に準ずる

  • 阪神高速4号湾岸線 貝塚港交差点から直ぐ

お問い合わせはこちら

ページの先頭へ