症例について

アスペルガー症候群とは

アスペルガー症候群とは自閉症の中に分類される1つの症状であり、症状を最も最初に報告したオーストラリアで活躍している小児科医の名前を用いて名付けられました。

自閉症においては3つの代表的な症状が存在しているのですが、アスペルガー症候群とは3つの中の2つの事を指し、それは他人との関係性の障害と一定の活動や興味関心です。

つまり、自閉症とは異なり他人とコミュニケーションを取る事については難なく行えるという特性がありますし、同様に発する言葉についても発達に問題が見られません。

アスペルガー症候群の特徴

このようなアスペルガー症候群の方々には表情や所作、発声や姿勢が独特であるといった共通して見られる特徴があり、他にも深い友人関係を築く事ができなかったり、慣習化されているルールに柔軟に対応する事ができないといった様子も見られます。

 

そのため、何気なく行われている雑談の中で飛び交う冗談や比喩について正しく理解できなかったり、一般的に興味関心の対象になり難い物を熱心に収集するといった様子も珍しくありません。

アスペルガー症候群の症状

アスペルガー症候群は姿勢も独特な場合が多いので、姿勢が関係し身体の動かし方がぎこちなく、ぎこちない身体の動かし方により細やかな作業や動作が苦手な方も多いです。

大人の場合は細やかな動作や作業が苦手であるという様子は比較的目立ちやすいという事もあり、アスペルガー症候群に気が付く事がそう難しくないですが、子供達においては自由奔放に動き回る機会が多いが故に気が付く事が難しい傾向にあります。

幼児期に発症した場合

これまではアスペルガー症候群とはある程度成長してから発症する症状であると考えられてきたものの、研究により幼児期にも既に発症している事が判明しました。

幼児期に見られるアスペルガー症候群とは友達が近くに居ても1人で黙々と遊ぶ事を好んだり、ごっこ遊びを楽しむ事ができないといった代表的です。

アスペルガー症候群とは現在4千人に1人の割合で存在しているとされており、研究によって様々なケアの方法も増えてきているので、相談事がある場合は福祉の機関や病院に相談してみるのが有効的です。

まずはお気軽にご相談ください。

児童発達支援・放課後等デイサービスベストでは、子どもたちの居心地の良い場所として、笑顔で充実した時間を過ごせるように目標をもってさまざまな活動や体験を行っています。

ベストを巣立つ日をイメージして未来が描けるように日常生活を支援していきます。皆様との出会いをスタッフ一同、心よりお待ちしております。

施設写真
  • 児童発達支援・放課後等デイサービスベスト
  • 〒597-0004
    大阪府貝塚市西町11-17池尻ビル1階

  • 営業日:平日 11:30~17:30/学校休日 9:30~16:30
    定休日:日曜・お盆・年末年始

  • 番号:072-468-8422
    受付時間:営業時間に準ずる

  • 阪神高速4号湾岸線 貝塚港交差点から直ぐ

お問い合わせはこちら

ページの先頭へ